スポンサードリンク

自分でビールをつくってみませんか?

手造りの楽しみ、最高のホビー
手造りビールは造る楽しみがあるのみならずバイオの世界に親しむことが出来ます。
世界各国ではビールを家庭で造るのは常識であり、我国でもこれを常識にする為弊社では1982年より普及活動を行っております。
国内でもすでに20万人を下らない多くのファンが日々手造りビールを楽しんでいます。


造り方はいたって簡単
手造りビールの造り方はビール工場と原理的に全く同じで、家庭で簡単に造れます。
原料を湯で溶かし、水でうすめて添付のビールイーストを加えるだけ。瓶詰め後の熟成を待ちます。造り方の詳細はここ




手造りビールのコストは原料1缶(1,900円)で中瓶約30本造れます。市販の約1/4です。1日1本飲む人は月のビール代が約2,000円であがります。

白ビール

白ビール(しろビール)はビールの一種。一言で白ビールと言っても複数のスタイルがある。もちろん、風味も異なる。

白ビールと呼ばれるビールスタイルには次のものが存在する。


ベルジャンスタイルホワイト
蘭: witbier。

ベルギーの白ビール。大麦の麦芽と麦芽化していない小麦で造られる上面発酵のエールである。外観は黄色がかった乳白色が特徴。

エール(Ale)とは、ビールの一種。上面醗酵で醸造される。麦芽を使用し、酵母を常温で短時間に発酵させ、複雑な香りと深いコク、フルーティーな味を生み出したビールのスタイル。

サッカロマイセス・セルビシエ(Saccharomyces cerevisiae)という出芽酵母を用い、常温(20℃前後)で短い時間で醗酵を行う。盛んに炭酸ガスを出すために、最終的に酵母が浮かび上面で層を作るために上面醗酵と呼ばれる。

一般に、上面醗酵のほうが醸造は容易である。19世紀以降にラガーが爆発的に普及するまでは、ビールといえばエールであった。


エールに属するスタイル
アルトビール(Alt Bier):デュッセルドルフやミュンスターで作られている苦みの強いもの

アンバー・エール(Amber Ale)

インディア・ペール・エール(India Pale Ale)

ウィート(Wheat):ヴァイツェンのアメリカ版

ヴァイツェン(Weizen):バイエルン地方で作られる炭酸含有量が多いもの。少し白みがかった金色で、甘い独特のフルーティーな香りがする。

ケルシュ:淡黄色でドイツのケルン周辺で作られる

スタウト(Stout)

ダーク・エール(Dark Ale)

バーレーワイン(Barley Wine):大麦(Barley)で作ったワインという意味でアルコール度数が高いエール

ブラウン・エール(Brown Ale)

ベルジャンスタイルホワイト

ペール・エール(Pale Ale)

ポーター (Porter):イギリス原産。黒色、荷物運びのポーターに人気なのでこの名が付いた。


一時、絶滅の危機に晒されていたが、ピエール・セリスが復活させたスタイルである。

代表的な銘柄はヒューガルデンホワイト(蘭: Hoegaarden Witbier)。

世界で代表的な銘柄は日本のよなよなエール 世界4大ビール品評会で前人未到の7年連続金賞受賞!過去では3年連続金賞が最高ということからもその偉業が分かります。

ヴァイツェン
独: Weizenbier。

南ドイツ地方で造られている白ビール。大麦麦芽と小麦麦芽で造られる。フルーティーな香りを持ち、ホップの苦味は少ないことが特徴。

濁った酵母入りのヘーフェヴァイツェン(Hefeweizen)と酵母を濾過した透明なクリスタルヴァイツェン(Kristallweizen)がある。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

スタウトとは?

スタウト(stout)は、主にアイルランドやイギリスで作られるビールのスタイルの一つ。黒くなるまでローストしたモルトを原料とし、上面発酵によって醸造される。ほとんどが黒ビールである。

味は濃厚で、苦み・酸味とも強い。アルコール分が一般的なラガー・ビールより高いものが多い。

名前の「スタウト」(stout)とは、「強い」という意味である。飲み方としては、そのまま飲む以外に、普通のビールに割って飲んだり、生卵を落として飲む方法がおこなわれている。代表的な銘柄には、ギネス(Guinness)がある。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

サントリーの主力ビールと発泡酒

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ビール

ザ・プレミアムモルツ

モルツ
モルツはサントリーから発売されている麦芽100%のビール。 発売当初よりとうもろこし・米・コーンスターチ・大麦等の副原料のない麦芽100%のビールとして知られている。

このビールの特徴として原材料に天然水を利用していることが挙げられ、この天然水を利用する為、生産工場の立地を決めるほどの力の入れようである。日本国内に4つの生産工場があり、生産工場ごとに使用する水も4つの水系の水に分かれており、その為、各工場で生産されたモルツには味の差があり、この特異差を利用した「モルツ飲み比べセット」が限定発売されている(2005年6月)。

南阿蘇外輪山水系(九州熊本工場)
天王山・京都西山水系(京都工場)
丹沢水系(武蔵野工場)
赤城山水系(利根川工場)
製品ラインナップとしては350ml(レギュラー缶)・500ml(ロング缶)缶入りが各4生産工場で、瓶(小・中・大の各サイズ)ビールは京都工場・武蔵野工場で生産されており、他にも業務用の樽が各工場で生産されているものと思われる。


ダイエット生(発泡酒)
純生(発泡酒)
マグナムドライ(発泡酒)
カールスバーグ(ライセンス生産)

第三のビール
スーパーブルー(ビール風味アルコール飲料) 参考:第三のビール
ジョッキ生(ビール風味アルコール飲料) 参考:第三のビール

サッポロの発泡酒

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

サッポロ北海道生搾り(発泡酒)-CMには、北海道日本ハムファイターズのSHINJO選手が登場。2005年秋の缶、パッケージリニューアルからは、ミュージシャンの中島みゆきと桜井秀俊(真心ブラザーズ)に代わった。
サッポロ雫<生>(発泡酒)-CMは宮藤官九郎を起用。

ビール風味飲料
サッポロドラフトワン
麦芽も麦も一切使わず、えんどう豆から抽出した『エンドウたんぱく』を麦芽の代わりに使用したビールテイストの新アルコール飲料。CMには、これまで格闘家の吉田秀彦、とんねるずの木梨憲武が出演したが、2006年9月14日からは俳優の阿部寛が出演し、架空の国「ドラフトワン公国」のアベール王子に扮する。『その他の醸造酒(発泡性)1』に分類する。参考:第3の生

サッポロスリムス 
ドラフト・ワンと比較しカロリー・糖質・プリン体を減少させている。CMには布袋寅泰を起用。

スーパークリア
ビアテイスト飲料

サッポロビールの主力商品

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ビール、発泡酒に共通するスローガンは品質は、畑から。

サッポロ生 黒ラベル
同社の主力商品。金色の星がシンボル。

サッポロラガービール
日本のビールメーカーでは数少ない「熱処理」によるラガービール。赤色の星がシンボル。現在は飲食店中心の販売。

ヱビスビール
東京都の恵比寿の地名はここから由来する。プレミアムビールではトップの売り上げを誇り、CMに映画『第三の男』のテーマ音楽が使われていることでも有名。

ヱビスビール <黒>
発売当初、予定販売量を超えて売れ、販売を一時中止した。

ギネスビール(アイルランドのギネス社からの輸入販売)

サッポロクラシック(北海道限定ビール)
CMには大泉洋が起用されている。

エーデルピルス
業務用樽生のみ

冬物語(日本初の冬季限定ビールとして発売され現在でも毎年発売されている。2005年より原材料に米、コーンスターチ含から麦100%に変更された)
2005年版はシンガーソングライターのさだまさしが缶のデザインを担当している。

畑から百三十年(2006年サッポロビール130年を記念して創られたビール。大麦を標準より1.5倍使用)

キリンの発泡酒

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

発泡酒
麒麟淡麗〈生〉
1998年から発売されている、キリン初の発泡酒。発泡酒で売り上げNo.1を誇る。
淡麗グリーンラベル(糖質70%オフ)
CMキャラクターにはザ・ドリフターズのメンバーに似た外国人そっくりさん(人材探しはかなり難航したそうだ。)を起用し好評を得ていたが、最新作では遂に「本物」のメンバー志村けんがおなじみの「顔芸」で登場した。
淡麗アルファ(プリン体99%カット、糖質60%カット)
極生
生黒(現在通年販売している発泡酒の黒はこの商品だけ)
円熟
白麒麟(毎年冬限定発売)

ビール風味アルコール飲料
のどごし<生>
麦や麦芽を一切使わず、「大豆たんぱく」を麦芽の代わりに使用。「その他の醸造酒(発泡性)@」に分類される、いわゆる新ジャンル「第三のビール」と呼ばれるアルコール飲料である。CMキャラクターには、お笑いタレントの山口智充(DonDokoDon)を起用。

キリンの主力ビール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ラガー
他社が熱処理をしない生ビールに移行する中で、「熱処理」にこだわりつづけていたが、現在は熱処理をしない生ビールとなっている。ちなみに「ラガー」とは「熟成」の意味。アルコール度数は5パーセント。1998年には110周年記念として、1社提供のバラエティ番組「タモリのネタでナイトフィーバー」のみ、一日限りの1分バージョンのCMを流したり、ラベルの復元バージョンのプレゼントを行った。

クラシックラガー
昭和40年代頃の「キリンラガービール」の味を再現した、昔ながらの熱処理ビール。アルコール度数は4.5パーセント。

一番搾り(生)
一番麦汁だけを使ったビールで、ドライ戦争以降の主力商品に。アルコール度数は5.5パーセント。
一番搾り(黒生)

ハートランド
特徴的な緑色の瓶の麦芽100パーセント生ビール。なお、瓶のどこにも「キリン」製品であることの存在はない(ただし、ネックラベルには社名などの記載あり)。商品デザインは元麒麟麦酒社員で漫画家のしりあがり寿との説が出回っているが、彼が行っていたのはマーケティングであり、本当はニューヨーク在住(発売当時)のクリエイター、レイ吉村によるもの。
小瓶のみ販売

キリンスタウト(スタウトビール)
季節限定ビール

秋味
秋季限定ビール。麦芽の使用率は通常のビールの約1.3倍。1991年から、毎年秋季に発売。アルコール度数は6パーセント。
チルドビール
まろやか酵母
豊潤
ゴールデンホップ
キリンがかつてハウステンボスで出していたオリジナルビールと同名だが、同一商品ではない
一番搾り 無濾過<生>

アサヒの発泡酒

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

発泡酒
本生シリーズ
本生(赤ラベル・ノーマルタイプ)
本生アクアブルー(青ラベル・糖質50%オフタイプ)
本生ゴールド(金ラベル・飲み応えタイプ)
本生限定醸造(褐色ラベル、プレゼント専用の非売品)
本生クリアブラック(2006年秋季限定)
スーパードライ売り上げの陰りを受けて2001年から投入された発泡酒シリーズ。
贅沢日和
※備考:沖縄県ではビール・発泡酒については2003年5月よりオリオンビール株式会社に製造・販売を委託している。

第3のビール
アサヒ新生3(しんなまスリー)
2005年4月、「アサヒ新生」として発売。麦芽や麦の代わりに、「大豆たんぱく」から生まれた植物由来の成分「大豆ペプチド」を使用したビール風味のアルコール飲料。アサヒスーパードライと同じ酵母(アサヒ318号)を使用している。「その他の醸造酒(発泡性)(1)」に分類される、「第三のビール」と呼ばれるアルコール飲料である。しかし、発売から半年経って「新生」の売れ行きは他社の第3のビール(『キリンのどごし<生>』など)に大きく水を開けられ、2005年11月に「アサヒ新生3」としてプチ・リニューアル。従来の「新生」の製法はそのままに、「新生トライアングル仕込み法」によってクリアに味わいを実現した。

ぐびなま。
2006年5月発売。「苦味を抑えた飲みやすさ」を徹底的に追求した商品。「新生3」同様「大豆ペプチド」を使用している。

極旨(ごくうま)
アサヒ初の「リキュール」ジャンルの「第三のビール」。「発泡酒」に「大麦スピリッツ」のブレンド。

アサヒビールの主力ビール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

スーパードライ
1987年発売。「辛口(KARAKUCHI)」を前面に出し、日本のビールの味を変えた製品とも言われる。使用酵母・発酵技術を改良して発酵度合いを高め、糖度を低くし、アルコール度数を従来よりやや高くしたことで、いわゆる「ドライ・辛口」な味に仕上げた(現在ではビールのアルコール度数が5.5%というのも珍しくないが、当時は4.5%前後が主流であった)。爆発的ヒットを受けて競合他社も一斉に類似品を発売したが(ドライ戦争)、結局アサヒの牙城を崩すことは無かった。乾杯の際にしか飲まれない(2杯目以降はない)ということから「乾杯ビール」と揶揄されることも。国際的にも名が知れ、「スーパードライを飲む」のを日本に来た際の目的、楽しみの一つにしているという外国人もいるほど。

黒生(黒ビール)
いままでの黒ビールは「苦味が重い」イメージがあったが、独自の製法ですっきり飲みやすくキレのあるタイプの黒ビールにリニューアル、「アフター9のビールです」の宣伝文句でヒット商品に。

スタウト(スタウトビール)
戦前から発売されている商品で、隠れた定番。現在唯一の熱処理ビール。
こだわりの極(プレミアムビール、当初セブン-イレブン酒類扱い店舗限定発売、のちNB化)

プライムタイム
2006年6月28日発売。ビールとしては久々の新商品。ドイツ産のファインアロマホップを使用した、麦芽100%のプレミアムビール。
熟撰(プレミアム生ビール)
こだわりの素材を丁寧に仕込み、長期熟成させた。深い味わいと上質な香りが堪能できる。キャッチコピーは『お店でしか、出会えないビールです』。

富士山
富士山の天然水だけで醸造されたプレミアムビール。
北の職人
2006年7月4日、北海道限定にて発売。ビール中に含まれる渋味成分を低減する「クリア濾過製法」により、北海道の食に合うすっきりとした味わいを実現。

ビール類似の飲料

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

発泡酒
日本の酒税法の規定では、米やトウモロコシなど麦芽以外の原料を多く使用したものを「発泡酒」として区別している。これはビールと比べて税率が低いため、販売価格も抑えることができ、1990年代後半から2002年頃にかけて広まったが、2003年の酒税法改正で増税された。


第三のビール
前述の2003年の酒税法改正による発泡酒の増税以降、各メーカーはより低価格(低税率)となる、麦芽を使わないビール風味の発泡アルコール飲料の開発を急ぎ、ビールと麦焼酎を混ぜたサントリー麦風、エンドウたんぱくを使用したサッポロドラフトワン、発泡酒と麦焼酎を混ぜたサントリースーパーブルーが発売された。これらはいずれも酒税法上の「ビール」や「発泡酒」には属さず、「その他の醸造酒(発泡性)(1)」や「その他の雑酒(2)」や「リキュール類」に属する。このため、新聞などのマスメディアが「第三のビール」と名付けて、報道で使用している。最近は他のメーカーも同様の商品(キリン「のどごし生」、アサヒ「新生」→「新生3」など)を発売し追随している。


ノンアルコールビール(ビールテイスト飲料)
2003年の道路交通法改正により、飲酒運転への罰則が強化されたため、ノンアルコールビールの需要が高まっている。ただし、含有率ゼロではないので、各メーカーとも「飲んでの運転は控えて下さい」と呼びかけている。ヨーロッパでは、大人たちがビールを飲んで祝い事をする時の、子どもたちの飲み物としても需要がある。

アメリカのルートビアが有名。また、ジンジャーエールに似たジンジャービアがある。これは今日ではノンアルコールだが、歴史的にはアルコール含有率の高いものだった。

上記のとおり、このジャンルの飲み物は正確には「ノンアルコール」ではない。酒類に分類されるアルコール1%という基準を下回ってはいるが、アルコール分を含んでいる。「ノンアルコール」という用語ではその点を誤解するという指摘があり、業界では名称を「ビールテイスト飲料」に改める動きが活発になっている。浸透度は高くなってきており、今後はこのビールテイスト飲料という名称が一般的になる模様である。なお、上記のとおりビールテイスト飲料はアルコール分を含んでいて、飲んだ量によっては飲酒運転となる可能性があるので、注意が必要である。


ビールカクテル
ヨーロッパではビールとソーダや果物ジュースといったソフトドリンクのカクテルも多く飲まれている。特にソーダ(レモネード)と割ったものは広く普及しており、ドイツではラドラー、イングランドではシャンディ、フランスではパナシェと呼ばれ、ほとんどのビアホール、パブで供せられる。 実際にビールを混ぜて飲む代表的なカクテルとしては、レッドアイ、シャンディ・ガフがある。

*おまけ

日本での飲まれ方
日本では、まず適度に冷やして飲むのが一般的。冷やして飲むのはアメリカでも同じだが、イギリスでは常温・室温の状態で飲まれる。ドイツやベルギーなどでは温めて飲まれることもある(温めて飲むためのビールも売られている)。

これは、気候・風土の違いやよく飲まれているビールのスタイルの違いに起因する。 なお、中国でも常温のビールを飲む慣習があったが、日本のコンビニエンスストア系企業が進出に乗り出した際に冷蔵のビールを提供したところ人気となり、冷たいビールの需要が上がったという現象も起きている。

日本のプロ野球では、公式戦や日本選手権シリーズで優勝したチームの監督・選手・コーチたちが、祝勝会でビールをかけ合う風習がある(→ビールかけ)。

日本のビール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

日本においてビールは、1613年(慶長18年)に長崎県平戸市に渡り、1724年(享保9年)にオランダの商船使節団が江戸に入府した際には、8代将軍・徳川吉宗に献上された。

日本での外国人による醸造は、1812年に長崎市の出島において、オランダ商館長のヘンドリック・ドゥーフの手によるものが最初である。開国後の1869年(明治2年)には、横浜の外国人居留地、山手46番にウィーガントらによって、「ジャパン・ブルワリー」が設立され、翌年にはアメリカ人・コープランドが「スプリング・ヴァレー・ブルワリー」を設立。ビールの醸造製造を始め、主に居留地の外国人や上流階級の日本人向けに販売し、輸出もした(後に、ジャパン・ブルワリーは閉鎖、ウィーガントは別の工場ババリア・ブルワリーを興すが、最終的にはコープランドのスプリング・ヴァレー・ブルワリーと合併する)。

日本人による醸造は、1853年に蘭学者の川本幸民が、江戸で醸造実験を行ったのが最初とされる。産業としての醸造は、1869年(明治2年)に、当時の品川県知事であった古賀一平が土佐藩屋敷跡(現在の東京都品川区大井三丁目付近)にビール工場を建造し製造を開始したのが最初とされる。ただし、規模の大きさから、1872年に、大阪市で渋谷庄三郎が「渋谷ビール」を販売したのが最初とする説もある。その後、1874年(同7年)には甲府で野口正章により「三ツ鱗ビール」が設立され、1876年(同9年)には北海道で官営ビール事業として、北海道開拓使札幌麦酒醸造所が中川清兵衛を中心に設立された(翌年「札幌ビール」を発売した。)。

1885年(明治18年)、グラバーや三菱の岩崎弥之助らにより、「スプリング・ヴァレー・ブルワリー」は「ジャパン・ブルワリー・リミテッド」に引き継がれ、1888年(同21年)には「キリンビール」が発売された。1886年(同19年)には、北海道開拓使の官有物払下により、札幌麦酒醸造所は北海道庁から大倉組に払い下げられ、1888年に「札幌麦酒会社」が設立された。1877年(同10年)には「日本麦酒株式会社」が設立され、1890年(同23年)に「エビスビール」を発売した。また、1889年(同22年)には「大阪麦酒株式会社」が設立され、1892年(同25年)に「アサヒビール」を発売した。

このように大資本から地方の中小醸造所まで、明治期には地ビールブームが起き、全国で100社近くの醸造所が設立された。しかし、1900年(明治33年)に北清事変(義和団の乱)が起き、軍備増強のため、翌年からビールに酒税が課せられることになると状況は一変する(それまで、酒税は清酒にのみ課されていた。)。中小の醸造所は、酒税法に定められた最低製造数量基準を満たすことができず、相次いで倒産、または大資本へと吸収され、ビール業界は再編された。1906年(同39年)には、日本麦酒、札幌麦酒、大阪麦酒が合併して「大日本麦酒」が設立され、また、1907年(同40年)には、三菱財閥がジャパン・ブルワリー・リミテッドを引き継いで「麒麟麦酒」(キリンビール)が設立される。その後、1928年(昭和3年)に「壽屋」(サントリー)が「日英醸造」を買収し、ビール業界に一時参入したものの、1934年(昭和9年)にはビール工場を「麦酒共同販売」に売却して、ビール業界から撤退した。

第二次世界大戦後、GHQは産業界の独占・寡占の一掃を図って集中排除法を制定させる。ビール業界も集中排除の対象となり、大日本麦酒は「日本麦酒」(サッポロビール)と「朝日麦酒」(アサヒビール)に分割された。1957年(昭和32年)には、沖縄で「オリオンビール」が設立され、同年には宝酒造もビール業界に参入して「タカラビール」を発売した(宝酒造は1967年に撤退。)。1963年(同38年)にはサントリー(壽屋から社名変更)がビール業界に再び参入した。こうして、いくつかの新規参入はあったものの、1967年の宝酒造撤退後は長らくビール業界はキリン・アサヒ・サッポロ・サントリー・オリオンによる5社(オリオンに対する各種優遇措置などの特殊事情のある沖縄以外では、事実上オリオンを除く4社)の寡占状態にある。多くの料理店・居酒屋では、5社(事実上はキリン・アサヒ・サッポロ・サントリー4社)のうち1社(沖縄では通常はオリオン)のビールが供された。そのため、「三菱系社員はキリンの出る店でしか飲まない」「サッポロの出る店は少ないので、三井系企業の接待の店選びは困る」など、企業グループとビール銘柄に関する噂もまことしやかに語られた。ホテルなどでの企業関係者の会合といった、大人数の集まるイベントなどでは、企業グループによって提供するビールのメーカを変える(三菱系=キリン、三井・芙蓉系=サッポロ、住友系=アサヒ)ことも多い。(ただ、2000年頃から、旧財閥といった従来的な企業グループを超えた企業再編も行われているため、当てはめにくくなっている可能性はある)

1987年(昭和62年)に販売したアサヒスーパードライは大ヒットし、日本のビールの傾向やシェアを大きく変化させた。海外でも人気があり、ドライビールという一ジャンルを作り出した。中国、タイ、イギリス、チェコ、カナダで生産、販売されている。

1994年(平成6年)、酒税法が改正されて最低製造数量基準が緩和された。これにより、一気に全国各地で地ビールが醸造され始め、地ビールブームが再現された。ただ、寡占5社が占めるシェアは依然大きく、地ビール全体のビール業界におけるシェアは1%に満たない。

大手5社(ビール酒造組合加盟)
アサヒビール
アサヒスーパードライ
アサヒ プライムタイム
アサヒ黒生
オリオンビール
ドラフト
キリンビール
キリンラガービール
キリンクラシックラガー
キリン一番搾り生ビール
キリンブラウマイスター
サッポロビール
サッポロ生ビール黒ラベル
ヱビスビール
ヱビス黒
サッポロラガービール
エーデルピルス
サントリー
モルツ
ザ・プレミアム・モルツ
地ビール
銀河高原ビール

世界的なビール製造企業・グループ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

世界的な規模のビール製造会社は他国へ直接の資本進出を行ったり、各国の地場ビール会社を資本支配下に収め、あるいは資本提携を行う事で進出を行っている。また、世界的なブランドは直接ブランド所有会社との資本関係にはなくとも各国の企業によるライセンス製造が行われるケースもある。

単純に計算すると上位5グループで世界の生産量の50%近くを占める事になる。InBev社の主張によれば2005年には同社グループの生産量は世界のマーケットシェアの14パーセントの生産量を占めていると主張している。ただし、例えばカナダではInBev社系列のラバット社がバドワイザーを製造しているようにブランドと企業の入り繰りも存在している。また、オーストラリアや日本のように民族資本が強力な場合には進出の程度が輸出あるいはライセンス製造に留まっているケースもある。

世界的な大手ビール企業グループの上位5グループは以下の通り。

InBev(ベルギー・ブラジル)
InBev (インベブ)は2004年にベルギーのInterBrew社とブラジルのAmBev社の合併により誕生。アジア・ヨーロッパ・南北アメリカに多くの系列企業を持つ。

主な所有ブランド

ラバット (Labatt) カナダ
バス (bass) イギリス
フーガルデン (Hoegaarden) ベルギー
ベックス (Beck's) ドイツ
OB 韓国

Anheuser-Busch(アメリカ)
アンハイザー・ブッシュは世界第三位の生産量を誇る。アメリカ国外の醸造所は他のグループと比較すると少ないが、バドワイザーブランドのビールは各国でライセンス生産が行われている。

主な所有ブランド

バドワイザー (Budweiser) アメリカ合衆国
ブッシュ (Busch) アメリカ合衆国
ミケロブ (Michelob) アメリカ合衆国

SABMiller(南アフリカ・アメリカ)
南アフリカビール社が2002年にミラー社を買収して誕生。アメリカ・アフリカに系列企業を持つ。

 主な所有ブランド

ミラー (Miller) アメリカ合衆国
ピルスナーウルケル (Pilsner Urquell) チェコ
 

Heineken(オランダ)
ヨーロッパ及び東南アジアのマーケットで強い。

主な所有ブランド

ハイネケン (Heineken) オランダ
タイガー (Tiger) シンガポール
ビンタン (Bintang) インドネシア

Carlsberg(デンマーク)
ヨーロッパ、特に北欧・東欧諸国で強い。

主な所有ブランド

カールスバーグ (Carlsberg) デンマーク
バルティカ (Baltika) ロシア

世界のビール生産国と主要銘柄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

世界のビールキリンビールの集計によると、2004年の世界のビール総生産量は1億5475万キロリットルにのぼる。日本の大瓶(633ml入り)に換算すると2433億本となる。生産量のベスト10は、中国、アメリカ合衆国、ドイツ、ブラジル、ロシア、メキシコ、日本(発泡酒等を含む)、イギリス、スペイン、ポーランドの順。有名な産地ながら人口の少ないオランダは12位、チェコは15位、ベルギーは17位であった。

主な生産国の状況と銘柄は以下の通り。

ドイツ
ラガービールの原産国。アルト、ケルシュ、ヴァイツェンなどのエールビールも多種造られている。 ビールの新酒は秋初めに出回り、これにあわせて各地でビール祭りがある。もっとも有名かつ大規模なものはドイツ、ミュンヘンのオクトーバー・フェストである。また、オクトーバー・フェスト用に供されるメルツェンビール(3月に醸造される)、秋口に醸造され冬場に供されるウィンタービール等の季節ビールも多くのメーカーで作られている。なお、ドイツではビール法(ビール純粋令)によりビールを名乗る飲料には原材料の規制(水・麦芽・ホップのみを原料とする飲料物のみをビールとしてとりあつかう)があったが、非関税障壁として非難され、現在は廃止されている。

レーベンブロイ

チェコ
ドイツのローカルビールだったラガーを世界的に広めたのは、この国で生まれたピルスナーのおかげである(日本で最も飲まれる黄金色のビールは、このピルスナー・タイプである)。ピルスナーは、ピルゼン(プルゼニュのドイツ名)で醸造されたビールの呼称から由来する。この事実により、中央ヨーロッパでは、ビールの醸造法についてはチェコをその本場として一目置く。

ピルスナーウルケル
ピルゼン市の地ビール。
ブドヴァル:チェスケー・ブデヨヴィツェ市の地ビールである。米バドワイザーとの商標権訴訟でも有名である。

イギリス
エールビールの本場。多くは冷やさずに供されるので、日本風のビールに馴れた向きにはかなり違和感を覚えるかもしれない。かつては外国産ビールに押され気味だったが、1970年代、熱心なエールファンによるCAMRA(CAMpaign for Real Ale=真正エール(復活)運動)が起こった。

バス・ペールエール - すっきりした味わいと、フルーツのようなほのかな甘みと香りをもつ。
ニューキャッスル・ブラウンエール

アイルランド
ギネス (Guinness) - 代表的なスタウト
マーフィーズ (Murphy's Irish Stout) - 代表なアイリッシュスタウトの一つ
キルケニー (Kilkenny, Smithwicks) - エールの一種(アイリッシュレッドエール)

ベルギー
世界でもっとも多様なビールを醸造するのは、おそらくベルギーである。マイケル・ジャクソン(イギリスの評論家。歌手のマイケル・ジャクソンとは別人)の精力的な活動によってベルギービールが世界に伝道されたともいわれる。

ベルギービールの中でもっとも有名なのは1966年にピエール・セリスが復活させた「ヒューガルデンホワイト(Hoegaarden White)」であろう。これは、俗に「ブランシュ(白ビール)」と呼ばれるビールである。なお、ドイツで白ビール(ヴァイスビア、ヴァイツェン)といえば、まったく別物の小麦を原料とするビールを指すので注意を要する。ドイツのヴァイスビア、ヴァイツェンと区別するためにベルギーのブランシュをベルジャンスタイルホワイトと称することもある。

また、トラピストビール(修道院ビール)、ブリュッセル近郊で製造される自然醗酵を特徴とするランビックなど独特なビールが製造されている。

ベルギービールの項も参照のこと。


オランダ
隣国ベルギーとドイツの影響もありビール作りが盛んである。ラガータイプだけではなく多様なエールも醸造している。

グロールシュ (Grolsch)
ハイネケン (Heineken)
アムステル (Amstel)

アメリカ
バドワイザーをはじめとして軽い飲み口のビールが代表であるかのように思われているが、西海岸を中心にクラフトビール、マイクロブリューワリーという小醸造所によるビールが多種あり、生産されるビアスタイル数は世界でも有数である。

バドワイザー (Budweiser)
クアーズ (Coors)
ミラー (Miller)
パブスト (Pabst)
サミュエル・アダムズ(Samuel Adams)
アビータ

中華人民共和国
中国での製造開始は欧米諸国に遅れるが、21世紀になって、生産量では世界一となっている。2004年の総生産量は2910万トンであり、対前年15.1%もの伸びを示している。

元々中国でのビール生産は、20世紀初頭より山東省青島をドイツが租借地とし、租借地経営の一環としての産業振興策のビール生産の技術移転を行ったところから始まる。その名残もあり、現在でも最も有名で生産量も最大なメーカーは、青島ビール(Tsingtao Beer)である。創業地の青島以外でも、中国各地の工場を買収して傘下に収めている。その他の大手グループとして北京の燕京ビール、広州の珠江ビール、香港資本の華潤ビールがあり、バドワイザー、サントリー、アサヒビールなどの海外のビールメーカーも多く進出している。流通と冷蔵が完備していないので、各地方都市に小規模なビール工場が多数あり、その地域用のビールを生産している。したがって、そのような地ビールの鮮度はおおむねよい。しかし、小規模工場の中には品質の悪いものを作っているところもあり、2004年の全国規模の抜き取り検査では13.8%もの銘柄が不合格となった。


タイ
冷たく冷やしたラガーが好まれる。ビールに氷を入れる事があるが、これは冷蔵設備が行き渡っていなかった時代のなごりであり、アルコール度数が高いため割っているとする説は俗説に過ぎないとされる。ただし、タイのビールは味がやや濃いこともあり薄める目的で氷を入れる人間は当然いる。

シンハー (Singha)
チャーン (Chang)

ブラジル
ブラーマ(Brahma)

ロシア
バルティカ (Baltika)

メキシコ
コロナ (Corona)
テカテ(Tecate)
ドス・エキス(XX, Dos Equis)
ボヘミア(Bohemia)
ソル (ビール)(Sol)
ネグラ・モデロ(Negra Modelo)

スペイン
クルスカンポ (Cruzcampo)
エストゥーラ・ダム (Estrella Damm)
サラゴサーナ (Zaragozana)

ポーランド
ジヴィエツ (Zywiec)
オコチム (Okocim) - カールスバーグ系
ティスケ (Tyskie)

カナダ
カナダでもアメリカ同様、ビール消費は多く、モルソン、ラバットという二大全国ブランドが存在する。また、イギリスからの伝統も影響し、比較的小規模な地ビール醸造も多い。

モルソン(Molson)
ラバット (Labatt)
スリーマン
ムースヘッド

その他の国

ヨーロッパ
サミクラウス (Samichlaus) オーストリア
カールスバーグ (Carlsberg) デンマーク
ツボー (Tuborg) デンマーク
クロノンブール(Kronenbourg)フランス
サク (Saku) エストニア
ミソス(Mythos)ギリシャ

南米
キルメス(Quilmes)アルゼンチン

アジア
台湾ビール 台湾
バーバーバー (333) ベトナム
ビンタン (Bintang) インドネシア
サンミゲル (San Miguel) フィリピンおよび香港
タイガー (Tiger) シンガポール
ハイト (hite) 韓国
OBビール (OB) 韓国
ビア・ラオ (BeerLao) ラオス
キングフィッシャー (King Fisher) インド
マハラジャビール (Maharajah) インド

オセアニア
フォー・エックス (XXXX) オーストラリア
フォスターズ (Foster's) オーストラリア
トゥーイーズ (Tooheys) オーストラリア
スワン(Swan) オーストラリア
スタインラガー (Steinlager) ニュージーランド

ビールの製法と分類

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

製法

砕かれたホップ多くの場合、大麦の麦芽を原料とし、その他にはアサ科のホップ等が使われる。発芽の時にアミラーゼという酵素が作られ、その働きにより種子に貯えられていた高分子の多糖類であるデンプンが加水分解され、低分子の糖分(麦芽糖)に変わる。酵母は低酸素環境下で、この糖分を醗酵によりエタノールに変える。酵母はデンプンを醗酵できないが、糖分は醗酵できるのである。

かつて、ビールは長期保存すると細菌が発生するので熱処理を行っていたが、近年の衛生管理の技術が発達したため、生のまま供給される(いわゆる生ビール)が主流になり、熱処理されたビールは少なくなっている。


分類
その醸造法と酵母の種類によって、上面醗酵のエールと下面醗酵のラガーに大別される。但し、様々なスタイルが存在するため、特徴によって細かく明確に分類することは非常に困難であり、様々な分類がなされている。有名な分類方法としてマイケル・ジャクソンによる分類がある。


エール
上面醗酵のビールを、エールと呼ぶ。Saccharomyces cerevisiae(サッカロマイセス・セルビシエ)という出芽酵母を用い、常温(20℃前後)で短い時間で醗酵を行う。盛んに炭酸ガスを出すために、最終的に酵母が浮かび上面で層を作るために上面醗酵と呼ばれる。

一般に、上面醗酵のほうが醸造は容易である。19世紀以降にラガーが爆発的に普及するまでは、ビールといえばエールであった。

複雑な香りと深いコクを特徴にしている。主なスタイルとしてペールエール、スタウト、アルトビール、ケルシュ、ヴァイスビール(ヴァイツェン)などがある。


ラガー
下面(かめん)醗酵のビールを、ラガーと呼ぶ。Saccharomyces carlsbergensis(サッカロマイセス・カールスベルゲンシス)という酵母を用い、低温(10℃以下)で長時間醗酵を行う。酵母は最終的に下層に沈み込むため、下面醗酵と呼ばれる。

元々は、バイエルンのローカルなビールであった。この土地の醸造師たちは、低温でも活動する酵母の存在に気づき、特別なビールを醸造していた。秋の終わりにビールを洞窟の中で氷と共に貯蔵し、翌年の春に取り出すのである。この貯蔵(ラガー)されたビールをラガービールと呼んだ。それが冷却機などの設備が発明された19世紀以降に世界中に普及し、瞬く間にビールの主流となった。

この方式は、大規模な設備を必要とするが大量生産に向いている。現代では、日本を含め世界の大ビールメーカーの主流方式であり、ビール生産量の大部分を占める。

なめらかでマイルドな味を特徴としている。主なスタイルとして苦味の効いたピルスナー(ピス)、ボックなどがある。

ビール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

グラスに注がれたビール
ビールのボトルビール(蘭: Bier, 英: Beer)は麦芽由来の酵素 (アミラーゼ) により、穀物に含まれるデンプンを加水分解して糖化し、酵母により醗酵させて作るアルコール飲料の一種。漢字で麦酒(ばくしゅ、ビール)と表記される場合もある。

現代のものは炭酸ガスに由来する清涼感とホップに由来する独特の苦みが特徴となっているが、起源が非常に古いこともあり、歴史的、地域的多様性は高い。

日本では、ビール類似の発泡酒などを含めて、一年を通じて最も消費されているアルコール飲料である。特に枝豆や冷奴とともにビアガーデンでよく冷えたビールを飲むことは夏の風物詩となっている。日本ではビールは季節を問わず必ずよく冷やしてから飲むものとされているが、ドイツなどの国では、ビールを冷やさず室温で飲むことが好まれる。

歴史
その歴史は古く、既にメソポタミア文明のシュメール人により大麦を使い作られていた。ちなみにシュメール人はワインの製法も開発している。紀元前3000年頃に古代エジプトにビールの製法が伝わった。

これらの古代オリエントのビールは、麦芽を乾燥させて粉末にしたものを、水で練って焼き、一種のパンにしてからこれを水に浸してふやかし、麦芽の酵素で糖化を進行させてアルコール醗酵させたものであった。大麦はそのままでは小麦のように製粉することは難しいが、いったん麦芽にしてから乾燥させると砕けやすくなり、また消化もよくなる。つまり、ビールは元来製粉が難しくて消化のよくない大麦を消化のよい麦芽パンにする技術から派生して誕生したものと考えられている。穀類を豊富に産したメソポタミアやエジプトでは、こうした背景を持つビールはパンから派生した、食物に非常に近い日常飲料であった。実際、古代エジプトのパピルス文書には、王墓建設の職人たちへの配給食糧として、ビールが記録されている。焼いてから時間のたった固いパンを液体でふやかすという発想は、ヨーロッパのスープの原型となった、だし汁でふやかしたパンとも共通しており、ふやかしたパンの料理という共通系譜上の食物ともいえる。

一方、麦芽の酵素によって大麦のデンプンを糖化させ、その糖液をアルコール醗酵させるというビール製造の核心技術は、北方のケルト人やゲルマン人にも伝わったが、彼らの間では大麦麦芽をいったんパンにしてからビールを醸造するという形をとらず、麦芽の粉末をそのまま湯に浸して糖化、アルコール醗酵させる醸造法が行われた。また日常の食物の派生形であった古代オリエントのビールと異なり、これらヨーロッパ北方種族のビールは、穀物の収穫祭に際してハレの行事の特別な飲料として醸造が行われる傾向が強かった。

ローマにはエジプトから伝えられたものがジトゥム (zythum) 、北方のケルト人経由で伝わったものがケルウィシア (cervisia) と呼ばれたが、ワインが盛んだったために野蛮人の飲み物視され、流布しなかった。ローマ人や古代ギリシア人の間では、大麦は砕いて粗挽きにしたものを粥にして食べるのが普通であったのである。またアルコール飲料として一般的だったワインも、固いパンを食べやすくするブドウのジュースを長期保存できる形にした日常の食卓の飲料としての性格が強く、酔うためにそのまま飲むのは野蛮人の作法とされ、水で割って飲むのが文明人の作法とされていた。それだけに、祝祭に際して醸造したビールを痛飲して泥酔する北方種族の習俗は、自らを文明人と自認するローマ人、ギリシア人の軽蔑の種にもなっていたのである。


16世紀の醸造所ケルト人やゲルマン人の居住地域が表舞台となった中世ヨーロッパにおいては、ビールは盛んに作られ、その醸造技術の発展には修道院の醸造所が大きな役割を果たした。当時は、子供にもあった飲み物であると考えられていた。ヨーロッパのビール醸造において、古くから醗酵を安定させるなどの目的でさまざまなハーブ類を添加する伝統があったが、11世紀のドイツにおいて、その抗菌作用と独特の苦みを利用するために、ホップが最も一般的なビール醸造用のハーブとなっていった。

現代ビールは19世紀後半のカールスバーグ研究所での酵母の純粋培養技術の開発をはじめとした科学技術の利用や缶やビン詰め製法の確立等の流通形態の改革、また、運輸・貯蔵技術の発達等にともなって、大企業が市場を占有するようになった。これらの技術体系の発達は、それまで本来主食とすべき麦をあえて酔うためのアルコール飲料とする、祝祭の飲料の性格が強かったビールが日常の飲料として浸透するという現象をもたらした。それまではむしろワインのほうが本来食事を食べやすくするための葡萄ジュースの保存食として、日常の飲料の性格が強かったが、近代的食品工業によって安価かつ大量に安定供給されるビールのほうが、肩のこらない日常の酒として普及し、ワインとビールの日常文化的位置の逆転を引き起こす結果となった。

その一方で、現在ではアメリカやヨーロッパでは伝統的製法への回帰や自然志向の流れの中で、クラフトビールやマイクロブルワリーが注目されており、日本では法規制が緩和されたこともあり、地ビール醸造所が多く設立されてきている。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。