スポンサードリンク

英国古酒2005 〜長期熟成エール

1年間の長期熟成から生まれた奇跡のビール!

「英国古酒」はイギリスで生まれ今でも飲み継がれている伝統あるお酒です。18世紀の中頃、葡萄が採れない英国では、欧州大陸のワインに対抗するため大麦から造ったビールをバーレイワインと呼ぶようになりました。





この奇跡のビールは、数年間にわたり樽の中で熟成させるその製法は、経験豊かな醸造技師が情熱を傾けることで初めて可能になります。深い琥珀の色合い、キャラメルやコーヒーを思わせる香ばしさ、ふくよかな甘みとデリケ−トな苦味、ゆっくりとかみしめたくなるような芳醇さ、熟成にかけた時間だけ余韻が生まれるイギリスで生まれの奇跡のビールです。

リンデマンス・ペシェリーゼ・ランビック

桃の香りがたまらない♪誘惑する果実味のベルギービール。
オレンジかかったピンク色をしています。ちょうどリンゴジュースのような色に近いです。ネクターや白桃、もも缶のシロップの香りです。泡は少なめで、新鮮な桃の果実味を楽しめます。ラベルはセクシーな美女が描かれております。ぴちぴちした酸がとてもさわやかで爽快で軽快な味わいになっております。





リンデマンスといえばやはりフルーツランビック!
天然の果汁を使用してオーク樽にゆっくりと熟成されさらに瓶につめられた後も熟成は続きます。すべてのフルーツ・ランビックは、甘口仕上げ!その表現はまさに“甘美”の世界!
リンデマンスは他のフルーツランビックよりもより果実の風味が特徴で、ビールという印象ではなく、すでにスパークリングワインのような感覚に近い味わい!その馨しい香りを楽しみながら飲むフルーツランビックは飲む方を魅了させます。女性に限らず男性にも飲んでいただきたい!

カンティヨン・ランビック・グース

ドライなシャンパーニュを思わせる爽やかさ!まずグラスにそそいでみると、 (フルートグラスでした)外見でシャンパンとの違いを見つけることがわかりませんでした。泡立ちが多少違うことくらいでしょうか?
黄金色で、ミネラルやシャブリのような燻したような香り、ライム、青い果実の香りが見つけられます。口に含むとその元気ではちきれんばかりの酸に驚かされます。レモンをほうばって“んー”となるような、そして舌の上を踊るようにぴちぴち弾けます。口に含んでまず思いついたのが“生牡蛎”あとは魚介類料理が思い浮かびました。ハーブなどをたっぷり使った料理にもいいかもしれません。きっと最高の食事を演出してくれるはずです。





ベルギーでもっとも古代のビールの1つランビック!初めてのむかたにはあまりにも衝撃的飲み物!ベルギーのブリュッセル。 ビール通の舌をうならせてきた カンティヨン醸造所はここにあります。 もしあなたが白ワイン“シャブリ”“シャンパーニュ”がお好きならこのビールをきっと気に入って頂けます。

アベイ・デ・ロック

ベルギービール好きに大人気銘柄!
黒みかかったダークブラウンカラー。非常にスパイシーかつシャープ、トースト、カラメルなどの香りが若干あります。ボディはほどほど、ドライ、苦味の感じる男性的な力強さ、ハードな印象があります。ベルギービールの中でももっとも強いタイプの1つです。ごまかしがきかない通向けのビール。





独特の味わいと濃厚さはまさに通向け!! 長期熟成も可能なプレミアムビール!アベイ・デ・ロック(9%のアルコールvol)、まじりけのないモルトは、付加された砂糖などの添加の無いビールである。味わいは発酵に関係があり、正確な量の3種類のホップ(ベルギーで、ドイツでチェコの)のミックスと同様に麦芽になる(7つのタイプ)。その色は、著明な濃くて堂々とした赤である。
その風味は豊かで十分に微妙である。それがタンニンを持つことなくルビー色を共有する赤ワインのようにも思え、強い甘い嗅覚を発達させる。特定の風味があることと釣り合う鋭い体で、それは最初の少量で最初の印象を確かめる。それは口蓋のそれ自体を自由にして、味覚の印象的な深さを開発する。

たとえそれがこの種類のモルトを含むとしても、焼けた木の若干の跡は見つけられるが、決してこげなかった。口を通したその豊かでなめらかな発展のため、予知は非常に長くなる。
にがさと砂糖傾向(たとえ砂糖がその作品の中にないとしても)は、競争して、一緒にテイスターのものすごい満足感に戻る。それは、我々の土のすばらしい製品の中で分類される深くて、神秘的でとても成熟したビールである。

ヒューガルテン・ホワイト

この爽やかさがベルギービールの火付け役に!ヒューガルテン・ホワイト
とっても薄い白濁した黄色のカラー。ハーブを思わせるシャープな香りとほのかに柑橘類、青みかかった果実の香りがします。
ワインでたとえるとロワールのミュスカデみたいな爽やかな感じ。夏の暑い日には、乾いたノドを潤してくれる清涼飲料水的な飲み物として、少し熟成させて、11度から13度位で飲むとビールの奥深さが楽しめます。個人的にはシーフードと合せるのが1番。スパイスをたっぷり。かわったところでベトナム料理などでもおいしかったです。




ノドの渇きを癒す爽やかさナチュラルベルギービール日経ランキング1位!
日本でのベルギービール人気の火つけ役 “ヒューガルデン・ホワイト”です。 小麦を使った白濁色のビールで、とてもさわやかなスパイシーなホワイトビールとし世界中でひっぱりだこです。

グーデンカロルス・クラシック

ベルギービールの中でもかなりの歴史をもつ逸品!
濃厚なオレンジかかっブラウンカラー力強い香りが溢れています。オレンジ、パッションフルーツ、干しぶどう などを思わせる甘酸っぱさスパイシで苦みの効いたドライなアフター! 東洋的なスパイス香的な香りがあります。
豊かでリッチな味わいと複雑感を合せもつなんとも不思議な味わいで、熱烈なファンが多いビールの1つです。





独特の味わいと濃厚さはまさに通向け!! 長期熟成も可能なプレミアムビール!グーデンカロルスを楽しむ人たちには購入後摂氏14度で 1.2年寝かせておく人もいます。 この会社の社長ヴァン・フリーダム氏も特別なフレーバーを 出すために3ヶ月から6ヶ月ストックするとか。 22年間したものはシェリー酒のオロロソににていたとか。あまり冷やさず11度から12度位でお楽しみください。

シメイ・トラピスト・ホワイト

シメイの中で最もシャープでスパイシー!なビール。
シメイ・トリプル(ホワイトキャップ)
750ml は『サンク・サン』という名前です。
醸造所の元醸造主任テオドール神父のお気に入りのホワイトビール。
ハーブを思わせる爽やかでスパイシーな香りそして、マスカットの香りもあります。食前酒に最適で、シャープで爽やかな苦みが食欲を増進!
夏にはちょっと冷やしてぐいぐい飲んでも美味しいビールです 。





このビールは、スパイシーな味わいをもつフルーティなブラックカラントの芳香、 ワインにも似た 「レッド」アルコールが高く、強烈なキャラクターを持つ 「トラピストの中のトラピスト」 と呼ばれる「ブルー」そして この2種類のビールとはかけ離れた、ホップが強く、ドライな印象のノドの 渇きを癒す「ホワイト」それぞれがみんな人気商品で、TPOで選んで飲めるベルギービールなのです。


ブリガンド

力強さが自慢!切れ味さえる男らしいビール!
ややブロンズかかったゴールドカラー。
アタックはソフトですが、やや刺激の強い酸味があり爽やかに感じさせてくれます。 辛口という表現がぴったりだと思います。強くて、コクのある、まさに「戦士」。 じわーっと辛さが感じられるのは、 グーズに近いものがありとても好印象です。あまり冷やしすぎないようにすると甘い香りと爽やかな香りがとても絡み合い複雑な香りを楽しめます。





このビールのチリチリした力強い酸は、まさに『戦士』を思わせる鋭さがある!
ブリガンドベルギービール!

リーフマン・グリュークリーク

クリークのホットビールです。 そのまま飲んでもよいのですがやはりここは暖めなくては!普通のクリーク・ランビックよりも酸、コクが強い感じがするビール。暖まると、もこもこ泡が膨らんできます。そして濃厚なチェリーの香りが部屋一杯に 漂います。 濃厚なチェリーにシナモンを加えたようなチェリーパイにも感じられる香り。 なんとも滋養たっぷりなランビックビールです。




あまーいチェリーランビックをホットビールで!体の芯から温まる凍えた体に癒しの時間!チェリーの風味たっぷりのホットビールです。寒い冬にはぴったりのビールです。

リンデマンス・カシス・ランビック

ビールなのに、赤ワインのようなカラー。泡はきめ細かい紫かかったピンク。
カシス、黒い果実の香り、甘酸っぱいそしてハーブのような香りも感じ取れます。酸が高く、リンデマンスの中では一番ドライ な印象!カシスの甘味の酸味の調和が絶妙です。チョコレートとの相性がいいビールです。





チョコレートとの相性抜群!甘酸っぱいカシス・ランビック!リンデマンスといえばやはりフルーツランビック!
天然の果汁を使用してオーク樽にゆっくりと熟成されたビールはさらに瓶につめられた後も熟成は続きます。すべてのフルーツ・ランビックは、甘口仕上げ!その表現はまさに“甘美”の世界!ベルギービールです。

禁断の果実・アダム&イヴ

甘く濃厚な芳香、チョコレートやチェリーの砂糖漬けそして東洋的なスパイス、シナモンの香りも少々あり、エキゾチックなアロマ。刺激が強く、パワーが感じられながらほのかな甘味も感じられるベルギービール。しかもワインのように時間が経つにつれグラスの中のビールの味わいに変化があり、より長く楽しめる味わい。ゆっくりちびちび飲みたいビールです。





ルーベンスの絵画「アダム&イブ」をモデルにした非常に艶かしいベルギービール。

デュベル

美味すぎで<悪魔>が潜んでいるといわれたビール!
酒の味を知っている人で、デュベルの虜にならない人はいません!
世界でもっとも個性的で魅力的なビールです。 “ビア・ハンター”マイケル・ジャクソン氏はいいます。 洗練されたアロマと微妙な苦みのバランス、 そして際立った香りと味のゴールデンエール。
非常にクリーミーで腰の強い泡立ちと、高いアルコール度数 ながらそれを感じさせない口当たりのスムーズさと甘い香りが特色。





このベルギービールは、カリフラワーのような”もこもこ”の泡までうまい!まさに悪魔!

サン・フーヤン・キュヴェ・ド・ノエル

なめらかなその風味と飲みやすさ!最も親しみやすいベルギービールの1つ!ブラッセリー・フリアート社は、首都ブリュッセルより、南のエイノー州(モンス)13Km北に上がった小高い丘の(ル・ルール)という町にあり、1125年アイルランドのヒューリエンという僧侶がこの地を訪れ、教会を建てビールを造ったのが始まりといわれています。




こげ茶色をしたダークなアビィビール。
スモーキーで甘いカラメル香とスパイシーで膨よかな香り、レーズンなどの香りの バランスがとても素晴らしい。コクのあるボディとアルコールの高さはとても飲み応えのある1本!ガスがビール中にとけ込んでいるようなまろやかさがあり、リッチな風味が楽しめます。

ローデンバッハ・グランクリュ

熟成したブルゴーニュワインに最も近い色のビールです。
西フランダースで生まれる赤みを帯びたブラウン色 。 その酸が生き生きした、甘酸っぱいフレッシュな ビールは、高い評価を得ています。
ローデンバッハの古い広告に、 「ローデンバッハビールはワインです!」
ワイン?ビール?と混乱を招くキャッチコピーが あったそうです。 ビールですからワインとはかなり違いがあります。


グラス1杯の贅沢を楽しみたい!優雅な時間を約束できるレッドビール!

リンデマンス・クリーク・ランビック

ベルギービールのリンデマンスといえばやはりフルーツランビック!
天然の果汁を使用してオーク樽にゆっくりと熟成されさらに瓶につめられた後も熟成は続きます。すべてのフルーツ・ランビックは、甘口仕上げ!その表現はまさに“甘美”の世界!




このビールはグラスに注ぐと非常にきめ細かなサテンのような泡が膨らみます。泡の色はうすい紫かかったピンク色。アメリカンチェリーや、ダークチェリーのチェリーのブランデー漬けのような甘い芳香がお部屋一杯に広がります。
色合いは濃厚なワインレッド。 ボディのあるコクとスイートな味わい♪
そこにぴちぴちした酸があらわれて、とてもフルーティーネス!うーんたまらん!

ブリガンド

この「ブリガンド」は、 1798年に、家族や町を守ると同時に、インゲルミュスターからフランスの兵士たちを追い出すべくわずかな銃と農耕具などをもって立ち上がった勇敢な戦士たちのことです。そして見事撃退しました。 
彼らの勇気を称えて造られました。


ややブロンズかかったゴールドカラー。
アタックはソフトですが、やや刺激の強い酸味があり爽やかに感じさせてくれます。 辛口という表現がぴったりだと思います。強くて、コクのある、まさに「戦士」。 じわーっと辛さが感じられるのは、 グーズに近いものがありとても好印象です。あまり冷やしすぎないようにすると甘い香りと爽やかな香りがとても絡み合い複雑な香りを楽しめます。 [ベルギー産]

セゾン・デュポン

日本入荷の予定なかった商品ですが、インポーターの船に乗っかっちゃっていたそうです(笑)白濁したオレンジのカラーをしています。柑橘系の香りにハーブなどの爽快な香りを感じさせます。キャラクターは強烈!飛び抜けた酸の爽やかさとフルーティさが乾いたノドを潤してくれます。セゾンビールは夏のビールといいますがまさにぴったりの味わいです!一息で飲んでしまいたいが、もったいなくもあり、おいしい矛盾を楽しむことができます。 250mlの瓶よりも味わいがよりまろやかな印象があります。
[ベルギー産]





強烈かつ爽やかな刺激!!真のセゾンともいうべき爽快感ビール!

ビーステェ・ブーカニア・ダーク

ラベルの絵とアルコールの強さからかなりハードなビールかな?
と思ったら 意外とまろやかでフルーティなのは驚き!
甘いカラメル、ココア、モルトの香りに、ソフトなアタック、
ダイナミックなフルボディの中にも甘く感じられる
デリケートな味わいに仕上がっています。
肉料理やスパイシーで熟成したチーズなどに。
[ベルギービール]


アベイ・デ・ロック・スペシャルノエル

アベイ・デ・ロック(9%のアルコールvol)、まじりけのないモルトは、付加された砂糖などの添加の無いビールである。味わいは発酵に関係があり、正確な量の3種類のホップ(ベルギーで、ドイツでチェコの)のミックスと同様に麦芽になる(7つのタイプ)。その色は、著明な濃くて堂々とした赤である。その風味は豊かで十分に微妙である。それがタンニンを持つことなくルビー色を共有する赤ワインのようにも思え、強い甘い嗅覚を発達させる。






ベルギービール好きに最も人気の高いメーカーでこのクリスマス特別醸造モノも非常に人気が高いです!数種類のモルトとバニラを使用してとてもリッチな仕上がりになっています。お休みに飲むなんとも非常に贅沢で豊かな余韻に浸れるビールです!

デリリウム・トレーメンス

コミック「レモンハート」に掲載された途端にさらに爆発的な人気がでました。
ピンクのゾウさんのラベルで人気のヒューグ醸造所のデリリウム・トレーメンス。 醸造所は東フランダースの州都であるゲントの郊外のメレという 町にあり、“世界で一番美しい醸造所の1つ”と賞賛されています。そこで造られる美しい金色の ストロング・ゴールデン・エールなのです。





ソフトな感触と、まろやかで膨らみある 味わい。
ゴールデンエールの中では1.2位を誇る人気ぶり!!
すでに熟成させたように柔らかな
かなり好感触なビールです。 冷やしてお楽しみください。
[ベルギービール]


広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。